忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ロシアワールドカップ現地観戦①サランスクへの長い道のり

毎度毎度の榎本です。
(いつ以来だろうか・・・・久々の更新です)

今さらなのですが・・・・・やっと写真を整理しましたので
書いていこうと思います。

観光箇所等、参考にしていただければと思います。

4年に一度のお楽しみ、emoji
「ロシアワールドカップ」現地観戦してきました。
    
出発は、成田空港から。JALの翼で首都モスクワまでひとっ飛び。
       
機材のボーイング787。日本代表仕様「勝色」ジェット。emoji
これだけでもテンションアップ。
       
まあ、機内は至って普通。(プレミアムエコノミークラス)でやや快適に。
          
1食目の機内食。プレエコとてエコノミークラスと同じ食事。

成田からモスクワまでの飛行時間は約10時間。
すみません。ほとんど爆睡していました。emoji
      
2食目。簡単なサンドとフルーツ。以上。
        
間もなく到着のアナウンス。(翼の上であまり景色は見れず・・・・)
        
ロシアに入国。W杯期間は、観戦者用の「FAN ID」というのを申請しておけばビザ免除。
入国審査は、若干時間がかかりますが、30分程度で入国出来ました。

ロシアの空港って大きいんだろうなーと思っていましたが、小さい!!
(ドモジェドヴォ国際空港の場合です)

空港からモスクワ市内までは・・・・
         
「アエロエクスプレス」に乗り約40分。終点のパヴェレツカヤ駅まで行き、地下鉄に乗り換えとなります。
「アエロエクスプレス」は全2階建て車両。まだまだ新車って感じの車両です。
スタンダードクラスで500ルーブル(約1000円)です。

地下鉄駅は芸術空間??
    
ロシアの地下鉄駅は芸術空間。
各駅ともに内装が異なっています。
以前は、地下鉄駅・車内ともに撮影禁止だったそうですが、今は撮影可能となっていて、一部の駅では、撮影ポイントも設けられています。


まだ少し時間があったので、まずロシアに来たら・・・
    
ということで 市内中心部へ。
W杯期間中とあって手荷物検査が非常に厳しい。
駅に入るのも出るのにも、観光名所や人通りの多い場所まで、至る所でX線検査を受けなくてはなりませんでした。

これでしょ。ロシアといえば。
       
赤の広場の一角にある「ポクロフスキー聖堂」。
これを見た瞬間、ロシアに来たんだなーと実感。
      
赤の広場はというと、人人人。
まあ、さすがにW杯期間ですからね。
      
目的地はモスクワではないので、外観をちょっと見るだけにとどめておいて、長距離列車の発着するモスクワの駅の1つ「カザン駅」へ。
       
ここから約600キロの移動・・・・・・
         
寝台列車で「コロンビア代表VS日本代表」の行われる「サランスク」という街まで10時間。

寝台列車に乗車の際は、乗車口で乗車券とパスポートを係員に提示して乗車確認を行います。
(係員さんは、乗車者の名簿を持っていてそれと照合してますので、乗車までに時間がかかります。)
           
車内の様子ですが、こちらは「3等寝台」2段ベッドが線路方向に。通路を挟んで枕木と平行に2段ベッドという感じの配列です。
毛布・枕・シーツは備え付けられています。

ただし・・・・寝台を仕切るカーテンは一切なし。
神経質な方にはあまりおすすめ出来ません。

そんな中、10時間。眠りつつ決戦の地サランスクへ。

拍手[1回]

PR