忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

THE ROYAL EXPRESS を 楽しむ伊豆の旅 ②

前回に続き・・・・。
THE ROYAL EXPRESS をご案内。 

その前に・・・・宣伝です。


昨年秋にも催行された人気コース

「ザ・ロイヤルエクスプレスを楽しむ伊豆の旅」
第2弾のパンフレットがJTBより入荷しました!!
         
前回プラチナクラスは、発売と同時にほぼ完売となってしまった人気コース。
4月と5月に催行されます。

ということで・・・・。
「ザ・ロイヤルエクスプレス」とは何か??思われてる方もいらっしゃると思うので、前回に引き続き、こちらの列車を詳しくご案内します。


前回は、サービスを中心にご案内しましたので、今回は主に車両に関してです。
 
           
復路も同じく「THE ROYAL EXPRESS」に乗車 Model by Saya


 1号車ゴールドクラス(伊豆急下田 方面先頭車)emoji

        
階段状の展望席ですが、前2列が運転席方向向きで、運転席越しに前面の車窓を楽しめます。
よく見ないと分かりませんが、運転席と客室の仕切りは、ガラスが無く、組子細工のみとなっています。

1号車(ゴールドクラス)キッズスペース&親子席emoji
          
子供用「木のプール」があり、座席は親子用に窓側が小さい子供座席、通路側が大人用席になっています。

反対側、8号車(プラチナクラス)展望席emoji
         
こちらは「書斎(図書席)」となっていて、落ち着いた雰囲気になっています。
実際に、旅にまつわる本などが置かれています。
          
ちょっとした「大人のゆとりの空間」って感じです。

7号車(プラチナクラス)emoji
         
寄木細工をイメージした床。窓は、組子細工ではなく簾式の日よけ。
プラチナクラスでの「座席」扱いの号車です。

3号車 多目的車両 での 大迫淳英さんのヴァイオリン生コンサート。
         
実際にこのように使われております。

ここの号車にも組子細工がふんだんに使われております。
         
※別の日に乗車した時には、雛飾りがここにありました。
余談かもしれませんがテーブルと椅子は、可動式なのですが安全のため床にワイヤーで固定されてます。
          
ちょうど海岸線沿いの景色を眺めながらのライブは、贅沢です。
この区間、列車は徐行運転&一時停止します。

そして6号車には、キッチンカウンターemoji
         
天井は、ステンドグラス状になっています。

特別運行だったので、ちょっとしたティータイム。emoji
        
カネロク松本園の「燻製紅茶」とっても香り高い紅茶でした。
紅茶は、季節によって内容が変わるみたいです。

そして隣のマドレーヌ。
下田の老舗洋菓子店「日新堂」のマドレーヌ。
三島由紀夫さんが大好きだったそうで、食べてみて納得!!でした。

          
そんな感じで、サービス良し、食事も良し なにより楽しい列車。
価格を見てビックリするかもしれませんが、それ以上に価値のある列車だと思いました。


次回ちょっとだけ、下田での観光をご案内したいとおもいます。
念願の「あの場所?」に行ってきました。emoji

拍手[1回]

PR

THE ROYAL EXPRESS を 楽しむ伊豆の旅

昨年秋にも催行された人気コース
「ザ・ロイヤルエクスプレスを楽しむ伊豆の旅」
第2弾のパンフレットがJTBより入荷しました!!
         
前回プラチナクラスは、発売と同時にほぼ完売となってしまった人気コース。
4月と5月に催行されます。

ということで・・・・。
「ザ・ロイヤルエクスプレス」とは何か??思われてる方もいらっしゃると思うので、今回は、こちらの列車を詳しくご案内します。

2017年7月に運行開始となった「THE ROYAL EXPRESS」
通常運行は、横浜~伊豆急下田を優雅に走る列車で、JR九州の豪華寝台特急「ななつぼしin九州」を手掛けた水戸岡鋭治氏が設計。
元々アルファリゾート21という列車を大改造して誕生しました。


今回のパンフレットは、伊東~伊豆急下田(特別運行列車)の往復+宿泊がセットになったコースになります。
詳細は、パンフレットをご覧ください。

ここからは、写真をたっぷり使って、様子をご案内します。

※今回も、モデル「Saya」さんに全面協力していただきました。美月サヤ 
         
外観は、ロイヤルブルーの美しい車体。見ただけでもテンションが上がりますemoji
            
こちらに乗って、優雅な旅がスタートします!!
車内はというと列車とは思えない、一流ホテルを思わせる空間って感じ。
             
まずは、3号車の多目的車両。
こちらは、客席がなく車内イベント等に利用される車両。
注目は、金色の天井emoji
          
細かいところまで「ザ・ロイヤルエクスプレス」のエンブレムが刻まれております。
天井がドーム型になっているので、一層豪華さが増して見えます。

ちなみにこの列車は、1両ごとに内装が違っていまして
         
ステンドグラス(風)の天井もあったりします。
            
伊豆の名産品の展示コーナーもあります。
ショーウインドウを眺めてる気分にもなれます。
         
今回の座席はプラチナクラスの5号車。
通常は、プラチナクラスの食堂車が5・6号車になります。
席に着く前に・・・・お手洗いへ
           
普通は、列車に乗ってもトイレの写真なんて撮ることはないと思いますが、5号車の「多目的トイレ」は、豪華!!一面金色!!です。
是非、行ってみましょう!!
         
今回の座席。プラチナクラスは、落ち着いた雰囲気に設計されていて、側窓には、組子細工が施されています。
組子細工は、釘は一切使っていないそうです。完全に芸術作品です。
個人的にですが、改造車なので、座席と窓割りがずてれるのが気になりましたが・・・。
          
伊豆急行線って眺望が自慢ですが、わざと窓が小さくなってるのは、景色よりも車内の雰囲気や食事を楽しむための列車なのかなって勝手に思ったりしました。
停車中も外から覗かれたりしにくくなってるのかもしれません。
       
では、お待ちかねのコース料理。「山田チカラ」監修。emoji
左上:①長谷川さんのマッシュルームのポタージュ
右上:②前菜3種 
      静岡美味鶏のピリ辛カツオ
      柿と白和え
      富士レインボー(鱒)のリエットとスモークトラウト
左下:③魚料理
      カマスのパイ包み下田クレソンと人参ピュレ
右下:④肉料理
      特選和牛静岡育ちのローストビーフマッシュポテト添え
      伊豆産わさびと共に
クルーの方々が一品一品づつ説明、召し上がり方を指導してくれます。
          
食事が中盤に差し掛かると生ピアノの演奏もはじまり・・・・・・emoji
           
そしてヴァイオリニストの「大迫淳英さん」が登場!
ヴァイオリンとピアノの生演奏を聴きながらの優雅な食事時間になっていきます。

もう完全に列車内にいるのを忘れてしまうくらい優雅な時間がながれていきます。
         
最後にデザートemoji
モンブランエスプーマのパルフェ と
ザ・ロイヤルエクスプレスブレンド ープラチナー
(ミカフェート)

で食事は終了。
(ビール・ワイン・ソフトドリンク・緑茶・紅茶など フリードリンクです)
             
プラチナクラスの料理は、4号車にメイン厨房がありここから各席に運ばれていきます。
なので、4号車は一見通路だけに見えます。
           
そうこうしているうちに、あっという間に伊豆急下田に到着。
            
シェフの方々、クルーの方々に見送られて下車。
           
ホームでは、歓迎の舞?まで披露されてのお出迎えでした。

まだまだ、書き足りないので、次回に続きます・・・・・・。
お楽しみに!!

拍手[1回]

茅ヶ崎営業所限定 3月平日お申し込みキャンペーン

3月もやってます!!
茅ヶ崎営業所限定!キャンペーン(3/27終了いたしました・・・・)

3月の平日にご来店の上、
新規お申し込みのお客様へお一人様1巻づつ

「春」仕様の「トイレットペーパー」
プレゼントいたします。


先着100名様限定となりますので、お早めに・・・・・・・。

     

電話予約・変更等に関しましては、対象外となります。

@bhichigasaki

拍手[1回]

茅ヶ崎営業所2月平日ご来店・ご予約キャンペーン

茅ヶ崎営業所限定!キャンペーン

2月の平日にご来店の上、
新規お申し込みのお客様へお一人様1巻づつ

ひな祭り仕様の「トイレットペーパー」
プレゼントいたします。


先着100名様限定となりますので、お早めに・・・・・・・。

     

電話予約・変更等に関しましては、対象外となります。

拍手[1回]

茅ヶ崎営業所限定 ご来店新規ご予約キャンペーン

茅ヶ崎営業所限定!!
新規ご来店予約キャンペーン!!
(ご好評につき終了しました)
 
茅ヶ崎営業所にご来店の上、新規ご予約いただきましたお客様に、

サイコロをふっていただき、出た数だけ
「野菜ぎっしりバー」
          
をプレゼント!!

100個限定となりますので、お早めに・・・・。

4月以降の国内旅行のパンフレットが続々入荷しております。

拍手[1回]

IZU CRAILE (伊豆クレイル)に乗車してみました②

茅ヶ崎営業所の榎本です。
IZU CRAILE(伊豆クレイル)乗車記第二弾。

第一話はこちらemoji
IZU CRAILE (伊豆クレイル)に乗車してみました

伊豆急下田に到着した一行。(関所風の改札がとってもオシャレ)
         
ひとまず、のんびりと温泉に浸かって、美味しいもの食べて・・・・emoji
下田を満喫したいところなのですが・・・・・・。

下田滞在の制限時間が1時間12分emoji
         
※引き続き「Saya」さんにモデル協力していただいてます。

行きたい所は山ほどあり、見どころも沢山ある開国の街下田。
         
しばらく歩いてやってきたのは、風情な街並みの「ペリーロード」
かつては花街だった場所。
現在はカフェや雑貨店が立ち並んでいますemoji
         
このペリーロードの名前の由来は、下田条約調印の際にペリーが歩いた道だそうです。
         
小川と柳、石畳と古民家。とってもクラシックな場所でした。
         
下田公園から下田の街を見下ろして・・・・・・
TIME UP !!!!!!emoji
         
再び下田駅に引き返してきました。
無計画でグダグダながら時間内に戻ってこれました。
          
そして再び伊豆クレイルに乗車して引き返す
普通は、伊豆クレイル往復日帰りをする方はいないかと思いますけど。

帰りは3号車。行きの1号車とは違って、4人仕様のコンパートメント席で、暖廉で
仕切られているプライベートな空間。
          
通常3名または4名で1室を利用するのですが、6番個室だけが2名専用となっています。
          
乗車と同時にウェルカムドリンクサービスemoji
程なくして伊豆急下田を出発。

次回は、温泉emoji河津桜emoji龍宮窟は最低でも見たいな・・・なんて思いつつ。
         
河津駅を出発すると復路の食事サービスの提供が始まります。

「クレイルスタイル アフターヌーンカフェセット」
         
おしながき
★真空低温調理した富士の鶏むね肉のハーブ風味のチーズバーガー ★下田港水揚げ金目鯛のエスカベッシュ ★伊豆の黒米と箱根山麓豚のベーコンと夏野菜のキッシュ ★静岡産柑橘を使ったジュレ ★アーモンドのビスコッティ ★マンゴーケーキ

復路、カフェセットって聞いてたので、軽いかとおもってたらそこそこしっかりしたものが出てきて驚き。
          
もちろん絶景ポイントでは、一時停車。
海を眺めながらの食事となります。

そしてバーカウンターでの「お買いものタイム」スタート。
         
2号車のバーカウンターでは、飲み物や食べ物以外にお土産も充実。
         
乗車の記念に伊豆クレイルオリジナルグッズ。
        
地産品「のもの」も沢山そろっています。
        
中でも個人的にオススメしたいのが、伊豆クレイル車内限定販売
        
「ニューサマーオレンジタルト」その名の通りニューサマーオレンジを使ったタルト。
冷たい状態でも生地がサクサク。
        
小さくて物足りないかもしれませんが、絶品です!!

乗車した際は、お試しを!!
みかんジュースにみかんアイス・ニューサマーオレンジタルト。
みかん尽くしです(笑)emoji
         
保冷バッグに入れてお持ち帰りも可能です
         
鯵フライバーガーも気になったんだけど、食事でお腹いっぱいのためパス。
これも車内限定販売ですemoji
          
手ぬぐいも気になってたんだけど、伊豆クレイルのロゴが入ってなかったのが残念すぎました。

まあ、そんなこんなしてる間に、終着駅 小田原~emoji
名残惜しいのですが、これにて終了。

個人的には、往路に乗車した1号車の海側のカウンター席が
特別感があって良かった気がします。

美月サヤ えびーにゃ
 
 
 
最後にちょっとだけ車内の写真を。
         
1号車の海側は、窓向きのカウンター席
         
1号車山側は、2名用の向かい合わせの座席。
         
2号車は、バーカウンター&ラウンジ。
          
3号車は、4名用コンパートメント。
         
4号車は、単なるリクライニングシート。

4号車のみグリーン車指定席で、乗車券と指定席グリーン券で乗車可能。

1・3号車は、食事付き旅行商品での販売になります。

もちろん、当社でも扱っています!!!

拍手[0回]

IZU CRAILE (伊豆クレイル)に乗車してみました

元海老名(ポトラッチ)営業所の店長 榎本です。
9月からは、茅ヶ崎営業所に戻り、専念しております。

2016年夏にデビューした、小田原~伊豆急下田までのリゾート列車
「IZU CRAILE」にやっと乗車できました。
        
食べて、飲んで、おしゃべりして過ごす。大人のリゾート列車。

そんな大人女性向けのリゾート列車なので、オッサンが乗っても・・・
ということもあり。

海老名つながりもあって?????
大人女子モデル
として 「Saya」さんにご協力いただきました!!
         
※元?えびーにゃガール。えびーにゃとともにキレキレのダンスを披露してました・・・・。

ということで、下り伊豆急下田行きの始発駅「小田原」駅からスタート。
          
小田原駅の改札内には、なんと伊豆クレイルの乗客のためのラウンジ(待合室)がありまして
ベンチとちょこっと展示物が置かれています。
※ただし狭いので満席状態です。
            
これから乗車する「伊豆クレイル」の模型も展示されています。
ラウンジといっても、お水のサービス程度の待合室です。
10:30~出発10分前の11:30までオープンしています。
            
列車の入線時間が迫ってくると、アナウンスされ、ホームへ移動。
小田原駅の階段も「伊豆クレイル」使用。力が入ってます。
         
待ちに待った伊豆クレイルとのご対面。テンションemojiemoji
小田原駅4番線からの出発。(熱海側から入線してきます)
停車時間か10分もないので、先頭車での記念撮影はバタバタです(苦笑)
          
行き先表示もちょっとかわいらしく・・・・。

いよいよ車内へ・・・・・。
          
今回は、1号車海側のカウンター席。
ホームで駅員さんのお見送りとギャラリーの羨望の眼差し。
またこの優越感がなんとも言えませんけどねっ!!

そして小田原を出発。伊豆ニューサマーサイダーorベアードビールのチョイス。
             
お酒苦手なんでサイダーをチョイス。

小田原を出発して程なく、青い海が目の前に広がり・・・・emoji
いつも見てる景色が全く違うものに見えてきます。
           
そして今回の食事。フランス家庭料理「モルソー」オーナーシェフ 秋元さくら さん監修
「クレイルスタイル・サマーランチセット」
箱根寄木細工をイメージした蓋を開けると・・・・・emoji
           
おしながき
★箱根山麓豚のハーブローストピぺラード添え★南伊豆産伊勢海老と豆乳クリームのグラタン★駿河湾サクラエビとインゲンを使った国産小麦のペンネ★駿河湾産カツオと天城産ワサビのマリネ★鶏むね肉の低温調理 小田原梅の香り★駿河湾釜揚げシラスと枝豆のヨーグルトサラダ★伊豆鹿肉のオムレツ クミン風味★伊豆アメーラトマトと生ハム★モッツァレラとオリーブのピンチョス
            
メニューは女性向け。そんな伊豆や箱根にこだわった食材をふんだんに使った料理を車窓を眺めながら移動するってとっても贅沢emoji
            
沿線の所々では、駅員さんたちが暖かくお見送りしてくれますemoji

食事はもう少し続きます。今度は食後のデザートemoji
            
★ニューサマーオレンジのフィナンシェ★南伊豆温泉メロンとキウイフルーツのゼリー
            
スイーツ系女子にはたまらない一品です(男子もね)

食事はこれで終了~。

2号車の「バーカウンター」
            
とってもかわいらしいメニューボードemoji
            
2号車は、席のない「バーカウンター&ラウンジ」になっています。
            
伊豆クレイル限定販売グッズや伊豆の名産品など販売。
※バーカウンターに関しては、復路で詳しくご案内します。
           
途中、アーティストさんによるライブが開催されます。
乗車日は、「鈴木美也子さん」のボサノヴァの生演奏emoji


しばらくすると・・・・絶景ポイント「片瀬白田」付近
目の前180°に広がる海
ここで列車はしばらく停車emoji  これもこの列車の醍醐味。
            
台風の影響でちょっと海が荒れてますが、見事な青い海青い空emoji
(写真では分かりにくいのですが、左側に伊豆大島・右側に神津島がみえます)
               
実はこの日午前中まで大雨でemoji
伊豆クレイルに乗車する時間になって奇跡的に晴れたんですemoji
ここまで来てしまえば、伊豆急下田まで残りわずかemoji

小田原から約2時間半の列車の旅。食べて飲んで喋ってる間に
あっという間に到着してしまいました。

          
名残惜しく列車を降りると伊豆急下田駅の駅員さんたちが横断幕でお出迎え。

続く・・・・・・・・・・。

美月サヤ

拍手[1回]

茅ヶ崎営業所限定 Orbi Osaka 入場券プレゼントキャンペーン

前回、新大阪から行き方をご案内しました「Orbi Osaka」ですが、


「イオンスタイル湘南茅ヶ崎誕生2周年キャンペーン」として
大阪行き新幹線セットプランにお申し込みのお客様先着50名様に

Orbi Osaka」1dayパスポートをプレゼント!!

 ※こちらのキャンペーンは終了いたしました
          ※現地価格おとな2160円 こども1296円

大阪方面のご旅行ご検討中のお客様、お早めに!! 中はどんなかといいますと・・・・・・。
(撮影禁止の個所もありますので、簡単にご案内)
           
入り口でリストバンドを受け取ったら、冒険のスタート!
           
①アニマルぺディア 巨大スクリーンに、等身大の動物が登場。
手をかざして捕まえると、その動物の詳細が表示されます。
            
②極寒体験「マウントケニア」
赤道直下でも夜には-10℃以下になるマウントケニア。
その気温差を体感できます(この部屋は-10℃になってます)
             
③プロジェクションマッピング(時間によりいろいろ変わります)

その他、鳥になった気分で地球を飛んでいるかの様な気分を味わえる映像や、海底に潜って推進ごとの生物を知るコーナー。
4Dシアターや、横40m×高8mの巨大スクリーンによる物語や演出
など見どころがあります。
               
一か所だけですが、中に軽食やお茶のできるカフェもありますし、
              
オリジナルキャンドルをつくるコーナーもありました。

ちなみに当日中であれば、再入場は可能ですので、一旦外に出て食事、再度戻って入場というのも可能です。
               
おまけ。ガンバ大阪のホームスタジアムがすぐ近くにあります。


 

拍手[1回]

地球体感アトラクション「Orbi Osaka」に行ってみました。

茅ヶ崎営業所の榎本です。
先日、大阪のエキスポパークにある「Orbi Osaka」に行ってみました。

なぜ「Orbi Osaka」かといいますと・・・・・
後日の記事で、お得な情報をご案内しますので、
お見逃しなく・・・。



関東に住んでいると大阪の万博公園ってあまり馴染みがないと思いますので、行き方からご案内。
※いろいろな行き方がありますが、関東人に分かりやすいルートにしてます。
 

①新大阪駅からスタート 地下鉄御堂筋線新大阪駅。新幹線との接続駅です。なんば・心斎橋・梅田も通る便利な路線。
北大阪急行線直通「千里中央」行きに乗車します。

②千里中央駅で乗り換え
      
終点の千里中央駅に到着しましたら、後方の改札口を出て階段orエスカレーターで地上へ
ちょっと歩きますが、青い線「大阪モノレール」を辿っていけば迷うことは無いかと・・。
大阪モノレールの千里中央駅が見えてきました。

③大阪モノレール「千里中央」駅 ホームにまで上がりましたら、1番線「門真市」方面に乗車。 2つ目の「万博記念公園」で下車します。

④万博記念公園駅 Jリーグガンバ大阪のホームスタジアムの最寄り駅だけあって、ガンバ大阪一色な駅です
        
万博公園は、とっても広い。とてつもなく広いです。

改札を出て、左側のスロープを下りていきます。
       
観覧車の方向に進んで行きましょう!
       
途中、左手に「太陽の塔」が見えます。記念撮影でもどうぞ。
       
観覧車の麓まで歩いてきたらもう少し。左手には「NIFREL」。
       
右側の階段上が、「Orbi Osaka」の入り口になります。
       
入り口は、コチラ。

だいたい新大阪から乗り継いで40分程度で到着出来ます。

内部に関しては、また後ほど・・・・・・・・。
 

拍手[1回]