忍者ブログ

*ウズベキスタン紀行*vol.2

横須賀営業所の石井です!

今回はウズベキスタンのブハラをご紹介しますemoji

この街は「ブハラ歴史地区」として世界遺産に登録されています!

まずこちらは、ミル・アラブ・メドレセ
 
「メドレセ」とは神学校のこと。
学校なので中には入れず、入り口から除く程度ならよいそう。

その向かいにあるのが、カラーン・モスク


ブハラで最大のモスクだそうで、
中は綺麗に揃った柱が印象的でした。
 

他にはこんなモスクもありました、ボロ・ハウズ・モスク


かなり老朽化が進んでいるように見えますが、見上げると天井にはしっかり装飾が…


そして中に入ると…
  
キレイemoji修復したようですね!

街中では秋らしい景色も。こちらはクワの木。
  
樹木の下のほうが白くなっているのは石灰で、虫除けの効果があるそうです。
ウズベキスタンのほとんどの樹木に塗られていました。徹底されてる…

そして個人的に、何よりも見たかったのがタイル!!
イスラム建築には欠かせないさまざまなタイル!!
  

 
細かい模様がとても印象的でしたemoji

イスラム教では偶像崇拝が禁止されているので、
こういった建築に使われるデザインは主に、
幾何学模様、植物模様、アラビア文字がほとんどです。

しかし、それに反して人の顔と鳥が描かれちゃってるのがこちら!
ナディール・ディヴァンベギ・メドレセ
 
イスラムのタブー、偶像崇拝を破ったとして有名な建物。

中はお土産屋があったり、民族舞踊を見ながらご飯を食べられたりします。

 

以上、ブハラ編でしたemoji

拍手[5回]

PR